散骨ホームページ追加

船にのって写真を撮って、花は何、マリーナのロケーション、あれこれと何度も出かけて、文章を推敲して、業者と話し合い、やっと散骨の代行を追加しました。

花束と海

海洋散骨代行を開始する予定ですから、花屋さんに相談に行きました。

海洋散骨に使う花束をつくりたいので、アドバイスをお願いしますと言うと、花屋さんの反応は、直ぐにピンときたようで、海洋散骨は岩手でもかなり浸透している単語のようです。

さて、その花束をどのように誂えるのかが難しい。相談の結果、それらしい構想はできましたが、実際どうなのか?今週は沿岸地域は連休中は雨模様の情報です。興福舎のメンバーと船舶運航責任者と相談は仕上がっていますが、流石に雨の日の撮影はノーグッドという事になって、撮影日は延期になりそうです。

興福舎の海洋散骨代行をホームページに加えるのは、また延期になりそうです。早くいい天気にナーレ。桜も散り始めです。焦る。