デジタル遺品3歩

ネット銀行口座や金融商品を残して家族が亡くなった時やSNSをどうしたなら良いのでしょうか?

それには、生きているうちに「死んだなら家族に迷惑かけないように、パソコンとスマートフォンのロックを解除できるように教えてくださいね」と聞いておきましょう。

そのロック解除やパスワードをUSBや手帳に記録していると安心です。

故人が使っていたパソコンやスマートフォンをすぐに解約するのではなく、新情報が連絡されることがありますから、当分の間様子を見て、不要状態になってから、解約手続きをしてください。

デジタル遺品2歩

訃報はお知らせください。

故人のSNS、ブログやホームページは、訃報を知りえない人には唯一の糸電話です。訃報を知らずに交信していても返事が無いと交流者からは、不信をもっての無言でのお別れされます。

故人のパスが分かれば、簡単な文面でお知らせすると、インターネット上での友人からの感謝とその友人たちの気持ちの整理を誘引できます。

故人のアカウントにログインできるのであれば、通常の投稿記事として、文面の最後に「遺族代表」などと付してアップすることができます。ログインできななくともコメント欄にその旨投稿してください。

葬儀においての、遺族代表のお礼の言葉と同じだと思います。2020.9.3興福舎店主

デジタル遺品1歩

「デジタル遺品」とは、スマートフォンや携帯電話、パソコンの中に保存されている写真やデジタルデータ、インターネット、SNS上にあるアカウントと書き込んだ投稿、ネット口座の預金なとが含まれます。

もっと面倒なことは故人が残したデジタルの環境を通じてしか実態がつかめないもので、重要なことが遺族がわからないデジタル遺品の類です。

特にスマートフォンはパーソナル化が進み、パスコードやパスワードとか指紋認証、顔認証が複層して、残された家族が対応に困る事態がこれから多く発生します。

このことから、デジタル遺品をどう引き継ぐのか?残された遺族はどうすれば良いのでしょうか?

興福舎はこれまで、手元供養を中心とした商品と無縁墓の一助になる故人の遺骨の粉骨加工サービスを行っておりましたが、相談の中でデジタル遺品についても、お客様にアドバイスができるようになりたいと思っております。

その内容を順次お知らせします。興福舎店主2020.9.1

paypay加盟店はあごひげ

ペイペイから必要書類が届き、ペイペイから電話がありました。「加盟店様用スタートガイド」のステップ5、テスト決済・返金処理の段で手続きを中断しておりましたなら、この電話。

何故かテスト決済には、ペイペイ加入消費者からの1円決済と返金の二つの処理ができることが必須で、それには誰かペイペイ消費者の協力が必要だったのです。

自分個人がペイペイに加入して、テストをするとできると考え、スマホにペイペイをインストールする段になって、免許証とカメラによる自分自身の写真を撮って送り顔認証システムによっ次のステップに進むのですが、あごひげを蓄えていたものですから、認証できず進みませんでした。

一度ペイペイをアンインストールしてあごひげを剃って、再度ペイペイ加入できました。2020年7月22日に正式にペイペイ加盟店になりました。

paypayで幸福

2020年7月15日、ペイペイでお客様が購入できるようになりました。

加盟店審査がスムーズに進みました。

QRコードがまだ郵送されておりませんが、興福舎に到着後利用が可能となります。

ペイペイ申込みの入力を途中までで保留中のところ、アンケートに答えて「電話対応希望」としたところ、電話がペイペイからありまして、送信されたEメールにパスワードを登録する作業に手間取り、学校帰りの孫の手を借りて、運用開始です。

興福舎にお客様にとっての便利な道具が増えました。興福舎は11年目で新しいステップです。

11年に

興福舎は2010年7月7日に開業しまして、今年の7月7日に11年目に入りました。

より一層全従業員精進して参りますので、よろしくお願いいたします。

普通のありがたさ

これまで新型コロナウイルスの影響でステイストアとなっておりましたが、6月8日から、通常開店中です。

岩手県ではコロナウイルスの罹患者がなく、一見安心状態になりました。しかしながら、県境を越えるとまだ心配な状態ですが、普通営業にしております。

こんなにも普通がありがたいとは。定休日はこれまで通り、木曜日と金曜日、そして祝日です。営業時間は午前10時から午後6時までです。予約電話・興福舎ホームページの中の予約Eメールで連絡いただけますと、定休日でも営業時間外でも対応します。

さぁ、みんなでコロナウイルス禍をのりこえましょう。

ステイセールスになっております

新型コロナウイルスは岩手県では感染者がいないのが公式発表ですが、PCR検査を興福舎従業員一同が受けている訳ではありません。

興福舎はそこで、来店するお客様が興福舎の従業員が感染していたなら?の不安を考えて、完全予約制とし、インターネット販売を中心に営業中です。

志村けんや岡江久美子さんの訃報の中で、お骨上げにも遺族が立ち会えず、遺骨だけが自宅に帰ったとのニュースには、お骨上げに来る方は新型コロナウイルスで亡くなった遺族・家族であるため、感染者の可能性が高いため、火葬場の従事者の命を守るために二人の対応となったわけですから、興福舎の粉骨加工サービスは、電話応対から興福舎とお客様の相互理解のもとに判断することとします。
ご理解ください。

新型コロナウイルスを乗り越えて、興福舎は進みます。岩手県は県内移動は緩和されましたが、他県からの粉骨加工サービスは、顔の見える仕事を優先しております。
この後は全国の状態を踏まえて、順次変更します。詳しくはこの興福舎のホームページの、この「お知らせ」欄でお知らせします。

改宗した人々のいきさつ

今日の電話で、県北の〇道弘〇さんは菩提寺さんと話していると「不信感がぬぐい切れず、曹洞宗から浄土宗に改宗しました」と聞かされて、そんなことが発生していることが分かりました。改宗するには彼女本人以外に家族の中で相談しての結論です。

その僧侶の態度と拝金主義的言動に嫌気がさして、ついに改宗したのです。檀家数が300以上いないと存続が難しいのだそうで、お金の話が無遠慮?だったのでしょうか。

通行手形を書いていたのはお寺様だった時代から、葬儀が葬儀社に移り始めて檀家集団の脆弱化とともに、菩提寺の存在意義が希薄化しています。

僧侶の人徳がお寺様の存続の鍵になっている。持続可能な社会づくりにそったお寺様だけが頼りになります。無縁墓が発生しているのは、持続できないから。

小春を連れてきた来客の

2月12日、午後1時過ぎ、スーツ姿が似合う熟年女性が興福舎に訪問してきました。その女性は仕事ができるオーラがたっぷり。

話題が多岐にわたり広がり、興福舎の手元供養の話に、直ぐに納得。どのようなものがあるのかになって、興福舎のオリジナル商品の「六角舎利」と「マッシュポスト」を見せると、「あ、これにします」とニッコリ。

話題から、困った話に移って、「こうゆうモノが欲しかったのよ」他にも自宅にペットのお骨をずっと置いている人がいるから、その人にもこのことを話してみますとのこと。

一人の幸福にお手伝い。あなたが幸福ですと興福舎も幸せです。今日は小春日和になりました。20202.12 興福舎店主 伊藤邦男